冷え性の方には辛くなる季節がやってきました。
ぽっちゃりさんでも寒いものは寒い・・

毎年、まとめてカイロを購入するのですが
そもそもカイロを貼る場所って特に意識をしたことがなかったので
寒さ対策も含めて色々と調べてみようと思います。

使い捨てカイロ

カイロを貼る目的って?

手が冷たいから、腰が冷えるから、ただ寒いから
人それぞれカイロを貼る(持つ)目的って違うと思いますが
目的別にカイロを貼る場所を意識してみると効果が変わってくるようです。
いくら寒いからといろんな場所にカイロを貼っても意味がありません。
カイロを貼る場所をうまく選ぶことによって効率よく体が温まっていくのです。
とーっても寒い日の上手なカイロの貼り方のコツを紹介していきますね。

スポンサーリンク

どこから温める?

気温が下がり寒いと最初に感じる場所はどこだと思います?
それは「手」や「足」の先から冷たいと感じることが多いです。
私も冬は手足がキンキンに冷えて辛いです。

でもカイロを手に握ったり靴の中に忍ばせたりするのがいいというわけではありません。

どうして手や足の先から寒さや冷えを感じるのか?
それは心臓から一番遠い場所だからです。
血液が心臓から離れていけばいくほど冷えてくるんですよね
だから手や足から温めても体全体が温まるわけではありません。

1枚貼るだけで体の芯から温まる場所!

いつもカイロを何枚か貼り付けてたんですけど(手で握るも含む)
色々調べてるとあんまり意味ないじゃんって思ってます。
1枚貼ることで体の芯から温まる場所があるんですね!
それが「命門(めいもん)」というツボだそうです。
※両腕を下に下げた肘の高さあたりの腰
命門の両サイドには「腎兪(じんゆ)」というツボもあります。

命門(めいもん)とは
体質を強化するツボで体力を消耗した時に1分~2分押してあげると楽になります。
下痢や便秘などの症状にもいいそうです。

腎兪(じんゆ)とは
体のだるさ特に下半身のだるさに効くツボです。
めまいや耳鳴りなどにも効くそうです。

命門(めいもん)を中心として両サイドの腎兪(じんゆ)
ここにカイロを貼ってあげれば体の芯から温まる効果が得られます。

これだけじゃ物足りないな~って人には
おへそから指4本分下の関元(かんげん)というツボと
内側のくるぶしとアキレス腱のちょうど間にある太渓(たいけい)というツボ
これをカバーすればもうばっちりだと思います。

まとめ

冬にお世話になるカイロ
張る場所をしっかり理解しておかないとなかなか体は温まりません。
体の中心「命門(めいもん)」ここを中心にカイロを貼ることで
体の芯から温まってきます。

体温が1℃上昇すれば体の新陳代謝が約12%上昇するといわれています。
新陳代謝が上がれば1年で7~8kg体重が減少するのではないでしょうか。

体を温めることで得られる効果は他にも
・脳の血行がよくなって記憶力低下の予防
・血行がよくなることで細胞が若返る
・便秘の改善
・ストレスに強くなり病気を跳ね返す
カイロの恩恵をしっかり受け取っていきましょう!

 
 
にほんブログ村 ファッションブログ 大きいサイズへ

スポンサーリンク
おすすめの記事